宿泊予約

歴史と温泉が醸し出す 浅野川のほとりの 時間が溶ける宿

物語 Story

物語 Story

町の踊場は金沢の誇る文豪「徳田秋聲」の異母兄正田順太郎が
明治30年に購入した築150年の武家屋敷です。

秋聲は折りに触れ訪れており、
短編小説「まちの踊り場」などに家の様子なども描いています。
「ゆっくりと時間がとける陽だまり」のような宿をコンセプトに
金沢ステイを楽しんでいただける上質な町家ホテルとして、
2021年10月生まれ変わりました。

詳細へ

お部屋 Rooms

お部屋 Rooms

2つのお部屋をご用意致しております。
どちらのお部屋もお庭を眺めながらゆっくりと
温泉湯のお風呂にお入りなることができます。

詳細へ

お食事 Meal style

お食事 Meal style

ご夕食、ご朝食ともに、地元の食材こだわりの
お食事を選べるスタイルでご用意しております。

詳細へ

蔵カフェ Kura Cafe

蔵カフェ Kura Cafe

母屋とつながる蔵をカフェにしました。
こだわりの珈琲や蓄音機から流れる音楽で ゆっくりとお寛ぎください。

詳細へ